浜松の井伊直虎関連の観光スポットの紹介

数多く直虎関連の観光スポットがある地域です

浜松 スポットwe love 浜松〜浜松エンジョイ情報倶楽部〜

数多く直虎関連の観光スポットがある地域です | 浜松城は天気の良い日は富士山を拝むこともできる | 浜松は、御朱印ガールや歴女を満足させられる地域

私は、昨年大河ドラマ「おんな城主直虎」を見たせいで浜松の観光スポット数多く訪れ、序でに御朱印も数多く頂きました。
浜松には、臨斉宗龍潭寺に始まり井伊谷城跡や浜松城公園に加え、引馬城跡及び元城町東照宮など数多く直虎関連の観光スポットがある地域です。
また、実際に観光してみると徳川家康の家康の天下取りの足掛かりとなった地域である事から史跡や寺社仏閣が数多くありましたが、エアパークやはままつフラワーパークなどの子供向けの観光スポットも数多くありました。
龍潭寺は、奈良の大仏の建造に尽力した行基が733年に創建された臨済宗妙心寺派の寺院であり、1010年正月元旦に御手洗の井の傍らに打ち捨てられていた子供が遠江国司藤原共資の養子になると共に家督を継ぎ井伊氏と改称した事から井伊家の菩提寺となっています。
しかし、井伊家は、第60代醍醐天皇の延喜の治時代にヤマト王権の屯倉に由来する古代氏族三宅家と縁組した事から井伊家の家紋が三宅家の家紋と同じ「橘」となったとされ、藤原共保は藤原共資の実子とも言い伝えられている一族です。
臨済宗龍潭寺は、備中松山藩第2代藩主及び近江小室藩主初代藩主だった小堀政一こと小堀遠州が作庭した池泉鑑賞式庭園に加え、金沢流北条氏北条実時が製作させた日本最古の武家文庫の宋版錦繍万花谷3冊や六曲一双の紙本金地著色遊楽図などがあります。

ロシア料理店、ブラジル食材店…浜松多文化スポット探訪いかが?|静岡新聞アットエス https://t.co/iZZsC0or55

— 浜松さやか (@hamamatsusayaka) 2018年8月15日